新しくペットを迎えるということ

ペットを迎える際の注意点

犬ブームや猫ブームなど、いつの時代も動物を飼うことがひとつの流行となる日本ですが、その際の注意点などを確認しておきましょう。

まず、犬にしても猫にしても、家族全員の同意を得てから飼うか飼わないかを議論します。

中には、家族や本人にアレルギーがある場合もありますから、友人や知人のペットに触れさせてもらう機会を作り、アレルギーなどが起きないかを確認しましょう。

また、一人暮らしの方の場合、預けられる人を何人か確保しておくなど、飼い始めてから困ることのないように十分に準備をしましょう。

ペットをどこから迎えるか

日本では多くの方が、ペットショップから犬や猫を購入しています。

ペットの買い方はいろいろな方法がありますが、衝動買いのような買い方はやめましょう。

子猫や子犬はもちろんかわいいですが、本当に飼う準備ができているのか考えてから迎えましょう。

犬の場合は、毎日の散歩が負担になる場合もあります。

猫は、家中で爪とぎをしてしまうかもしれません。

かわいいだけではなく、買った後のこともよく考え、本当に飼うことができるのか自分自身に問いかけてみましょう。

新しいペットが我が家にやってきたら

家族の同意を得て、いよいよ我が家に迎え入れる日がやってきたら、最初はあまり構い過ぎないよう気を付けて、静かにしてあげます。

子犬や子猫たちは、新しい環境にとても緊張しています。

知らない人、知らない家、知らないにおいなどにおびえているかもしれません。

初めからすぐに家族になれるわけではなく、徐々に信頼関係を築いていき、家族になっていくのです。

新しく家族の一員となったペットの一生に責任を持ち、飼い主と共に素晴らしいペットライフを送りましょう。

子猫販売なら東京のブリーダー直販が人気です。同じ種類の子猫でも一匹一匹表情などは異なるので、自分のお気に入りの子猫を見つけやすいです。