飲食店には欠かせない!おしぼりの活用方法

おもてなしとしての役割

飲食店にとって、おしぼりは欠かせないものでしょう。食事をする前には、やっぱり手をきれいにしたいものですよね。飲食店にはおしぼりがあるのが当たり前、と言ってもいいくらい普及しているはずです。座席に置いてセルフサービスで使ってもらったり、来客に合わせて提供するなど、お店によってそのスタイルもさまざまでしょう。共通して言えるのが、おしぼりを置くことはおもてなしとしての役割も果たしていることなんですよね。

気軽に使えるペーパータイプ

飲食店だけでなく、コンビニやお弁当屋さんなどでも、ペーパータイプのおしぼりがよく提供されているはずです。おにぎりやサンドイッチなどを食べた後には、やっぱり手を拭きたくなりますよね。使い捨てでコストも低めなので、気軽に導入できるはずです。折りたたまれてパッケージされており、スペースもそんなにとらないので、収納にも困らないでしょう。タオルタイプのおしぼりと比べると、若干乾きやすいところが弱点かもしれませんね。

長く使えるタオルタイプ

質感を求めるなら、やはりタオルタイプのおしぼりを選ぶべきでしょう。飲食店向けにレンタルサービスが展開されているので、導入の際も迷う心配はありません。冷温庫を使うことによって、夏には冷やして、冬には温めて提供できるのも大きな魅力になっています。タオルの色や素材も選べるので、お店の雰囲気も壊しません。ペーパータイプのおしぼりよりコストはかかってしまいますが、しっかりと衛生管理されているのは安心ですよね。

タオルウォーマーは、設定した温度を維持しながら温かいタオルを保管するために役立ち、飲食店や美容室などにおいて活用できます。