時計の中には特化した物があるのでそれをお勧めする

頑丈であることがメリット

時計、といっても実は設計思想が色々とあります。まず、正確な時間を刻む、と言うことは共通していますが、それ以上の機能を求める場合もあります。それが頑丈さです。深海であろうと数千メートルの標高であろうと動く時計があります。そうした設計思想で作られているわけです。このレベルになりますと一般人には殆ど不要になります。しかし、そうしたところに価値を見出す人もいるわけです。それが時計という趣味の世界になります。

頑丈と言えばミリタリー

頑丈な時計といえば、苛酷な環境でも動くことが大事です。しかし、それは天候のみではなく、耐衝撃である場合もあります。特によいとされているのが、ミリタリー時計です。要するに軍隊がしているような時計であり、これをミリタリー時計などと呼びます。とにかく、過酷な苛酷戦場でも使えることが求められているので、非常に頑丈です。水はもちろん、砂、熱、冷気などに強いです。ある意味では、最強の時計といっても過言ではないです。

精密なゼンマイ仕掛けの時計

腕時計は、今は非常に安価に買うことができます。それこそ、すべての人に行き渡ることができる価格帯になっています。それも粗悪な物ではなく、しっかりと長く使える物です。そうした時代になっているわけですが、それでも精密なゼンマイ仕掛けの時計も人気があります。確実に機能的に優れているわけではないですが、そうした手作りである時計にステータス性を感じる人も沢山いるわけです。それは趣味ですから、問題ない行為です。

タグ・ホイヤーは、1860年に設立されました。高級時計のほか、ストップウォッチやクロノグラフの開発に力を入れています。